■青汁のルテイン効果

青汁のルテイン効果による視力回復との関係をご紹介。

スポンサードリンク

植物の色素を形成するカロチノイドの中で、年齢とともに視力が衰えるか衰えないかを決める鍵を握っているのはルテインです。

目の生活習慣病といわれている白内障、緑内障、黄班変成症は、中高年を中心に増え続けています。これらの病気は、紫外線などから生じた活性酸素が目の細胞を傷つけているために起こると考えられています。

私たちの目には、活性酸素の害を打ち消す成分であるルテインとゼアキサンチンが備わっています。しかし、加齢とともにルテインを吸収したり代謝する能力が劣ってきたりするのです。結果、ルテイン不足となり、このことが目の病気を引き起こす主な原因になっています。

青汁には特にルテインを多く含むケールが使われているため、視力回復含めた目への効能が大きいとされています。また、β-カロテンを多く含むため、ビタミンAの効力が存分に発揮され、活性酸素の抑制、視力の回復や向上、呼吸器や消化器などの粘膜の強化などの効果が期待できます。

その他ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃなどにもこのルテインが含まれています。

                 

視力関係相互リンクサイト 視力回復研究会トップページへ

Copyright(c)2006-2007 視力回復研究会.All Rights Reserved

スポンサードリンク


スポンサードリンク