■オルソケラトロジーとは?

視力回復方法 オルソケラトロジーの概要について。

スポンサードリンク

内面に特殊な加工がなされた高酸素透過用ハードコンタクトレンズを用いて、角膜を傷つけることなくその中心付近をフラットにし近視を治療する角膜矯正療法のことです。

使用方法は、通常のコンタクトレンズとは装着時間帯が逆になります。つまり寝ている間にレンズをつけ、朝起きた時にレンズをはずします。就寝中に角膜の形が矯正されますので、朝起きてレンズをはずした後も一定の期間は視力が回復し、裸眼での生活が送れます。

矯正効果に個人差はありますが、多くの方が最終的にほぼ日中を裸眼で生活することができるようになります。
起きている間にメガネやコンタクトレンズをする必要がなくなります。

この矯正方法は、アメリカですでに30年以上の研究、治療の実績があり、120万を超える方々がこの治療を受けています。

この治療法は、近視矯正手術を受けられない方や子供、従来のコンタクトレンズ装用が望ましくないスポーツ(特にラグビー、アメリカンフットボール、格闘技などの接触競技や野球、サッカーなどの砂塵の多い屋外環境下競技など)選手などに特に有効な治療法といえます。

相互リンクサイト 視力回復研究会トップページへ

Copyright(c)2006-2007 視力回復研究会.All Rights Reserved

スポンサードリンク


スポンサードリンク