■レーシック手術とは?

視力回復手術 レーシック手術の解説です。

スポンサードリンク

レーシック手術は、角膜に高精度の医療用レーザーを照射して、視力を取り戻すことができるという視力回復手術の一つです。近視・遠視・乱視は角膜や水晶体の屈折異常が原因で起きます。

手術時にエキシマレーザーという10000分の1ミリ(1ミクロン)単位で角膜の形状を変えることができる高精度の医療機器を用います。

これにより角膜の形状を変えることで近視や遠視の原因である屈折異常を正常に治し、視力を回復させる方法です。

レーシック手術ではフラップというものを作成します。レーザー照射後に再度そのフラップをかぶせて、もとの状態にするんです。

レーザー照射部位をダイレクトにさらさないため、手術後比較的早い回復が見込める手術です。

相互リンクサイト 視力回復研究会トップページへ

Copyright(c)2006-2007 視力回復研究会.All Rights Reserved

スポンサードリンク


スポンサードリンク