■視力が落ちている状態とは?

□視力回復に取り組む前に基本的な情報をおさえておきましょう!

スポンサードリンク

目の構造上、見たものが水晶体を通して網膜というところで像を結ぶことによって、
脳がものを認識します。

普通、近くのものを見ると毛様体筋が緊張し、水晶体が厚くなります。遠くのものを見るとき毛様体筋は緊張が解けて水晶体が厚くなります。こうして、ピントの調節をしています。

視力が正常な範囲の場合、水晶体の調節によって、ちょうど網膜上で像を結ぶことができます。そのためぼやけたりせずに、はっきりとものを見る事ができます。

しかし、目を酷使する事が続いたりすると、毛様体筋の緊張が続いてしまい、仮性近視になります。

これを放置しておくと毛様体筋は緊張したままとなり、水晶体をコントロールすることができなくなってしまうのです。この結果、像を網膜よりも手前で結んでしまったりしまうような状態が続きます。水晶体の厚さも厚いままとなります。そうした視力の落ちている状態を屈折性近視といいます。

                     

相互リンクサイト 視力回復研究会トップページへ

Copyright(c)2006-2007 視力回復研究会.All Rights Reserved

スポンサードリンク


スポンサードリンク